uragami note

ただの殴り書き

Arch Linux上にRe:VIEWをインストールする

書籍執筆支援システムRe:VIEWの環境構築のメモ。

依存パッケージのインストール

Re:VIEWを使うために必要なパッケージをインストールする。

$ sudo pacman -S ruby ruby-rubyzip texlive-most texlive-langjapanese poppler-data

dvipdfmxのフォントのエラー対策

Re:VIEWからpdfを生成する際(後述のreview-pdfmaker実行時)にデータに日本語を含んでいると、以下のエラーが出る場合がある。

kpathsea: Running mktexpk --mfmode / --bdpi 600 --mag 2+180/600 --dpi 1380 uphgothr-h
mktexpk: don't know how to create bitmap font for uphgothr-h.
mktexpk: perhaps uphgothr-h is missing from the map file.
kpathsea: Appending font creation commands to missfont.log.

dvipdfmx:warning: Could not locate a virtual/physical font for TFM "uphgothr-h".
dvipdfmx:warning: >> There are no valid font mapping entry for this font.
dvipdfmx:warning: >> Font file name "uphgothr-h" was assumed but failed to locate that font.
dvipdfmx:fatal: Cannot proceed without .vf or "physical" font for PDF output...

対策として、/etc/texmf/dvipdfmx/dvipdfmx.cfgを編集する。

%% Put additional fontmap files here (usually for Type0 fonts)
f  cid-x.map

上記変更を反映するために以下を実行する。

$ sudo updmap-sys
$ sudo texconfig rehash
$ updmap
$ texconfig rehash

Re:VIEWのインストール

AURにあるRe:VIEWパッケージは若干古いようなので、gitからインストールする。

$ git clone https://github.com/kmuto/review.git

clone後、展開されたreview/bin/にPATHを通す。

始め方

$ review-init ${document_name}

${document_name}/以下に${document_name}.reが生成されているので、これを編集する。

各フォーマットで出力する

  • PDF出力 $ review-pdfmaker config.yml
  • EPUB出力 $ review-epubmaker config.yml
  • HTML出力 $ review-epubmaker config.yml

参考